コマラ(コリマ州)~読む プエブロ・マヒコ~ - プエブロ・マヒコ

メキシコ屋BLOG

ARTICLE PAGE

コマラ(コリマ州)~読む プエブロ・マヒコ~

読む プエブロ・マヒコ






コマラ(コリマ州)



コマラ写真






コマラ街並み写真コマラ中心街


その広場の輝きは何故そこが”アメリカの白い街”と呼ばれるのかをすぐに分からせてくれるだろう。あなたの訪問はまるで本のページをめくるようにゆっくりと、楽しく、記憶に残るものになるだろう。あなたはオーガニックコーヒが満たされたカップや、装飾的な赤い瓦をのせたその白い家々で、輝くブーゲンビリアが際立つ石畳の街並みを楽しむだろう。ゆっくりとアシエンダで眠り、おそらくは国中で一番の思い出に残る旅となるだろう。



このプエブロ・マヒコにはサン・アントニオ・アシエンダがあり、カリサリージョ湖を散策する前にふらっと訪れて朝食を食べることもできる。1日を田舎で過ごす理想的なアイデアの一つだ。



コマラのすぐ近くに位置するスチトランはナワトルの伝統を感じられる魅力的な区域だ。木でできた特徴のあるお面を見て歩いたり、コリマの火山を見ながら石畳を堪能できる理想的な場所だ。



コマラは活火山の麓に位置するうえに類を見ない魅力的な場所にある。狭い路地、赤い瓦と濃い緑に囲まれたシンプルだが魅力的な白い家が特徴的だ。

 

コマラ中心写真

見どころ


街の中心にある庭園を行くと噴水や装飾的鉄製のベンチ、ドイツ風のデザインのキオスコを見ることができる。堂々としたコリマ火山を背景に恋人たちにとっては絶景の撮影スポットになるし、20世紀を象徴する小説ペドロ・パラモを著したフアン・ルルフォの像の隣にただ座るだけでもいい。



ため息の出るようなサン・ミゲル・アルカンヘル教区教会は19世紀初めに建てられ、エレガントなネオクラシックのフランス式の様相が特徴的でまさに宝と言えるだろう。コマラ庁舎を見つつ、有名なボタナ(おつまみ)を食べにアーケードまで歩こう。石畳の路地を歩きながら地元の人と言葉を交わし、その歴史と伝説を聞いてみよう。



ノゲラは昔、アフチトランの先住民の人口が集中していたところであり、後の17世紀に建てられた旧ノゲラ・アシエンダでは砂糖の精製方法について知ることができる。アレハンドロ・ランヘル大学博物館へ行けばこの有名な画家と、タイミングによっては西洋のプレイスパニカ文化展があるホールへと行けるだろう。この建物はオリジナルの完璧な状態で保存されている部分と礼拝堂や煙突など再建築された部分で構成されている。



また、民芸品市場ではマホガニーやウォルナットからできた伝統舞踊に使うお面や家具を見ることができる。コリマのヤシの木を利用した帽子、カゴ、コマルもいいお土産になる。

 

美味しいもの発見


この地域伝統のピコンという菓子パンと香り立つコーヒー、もしくはメスカルか赤ワインをベースにはちみつや黒糖で甘みを加えたグラナダのポンチェがおすすめだ。街中ではピーナツがアクセントになったトゥバと呼ばれるグラナダ風味でかすかに発酵したジュースで喉を潤すのもいい。



フレッシュなチーズとアーモンドのケーキも買ってみるといい。美味で世界的に有名なコリマの塩を一袋とコマルテコ・コーヒーをお土産にするのもいいだろう。



コマラはコマルを作る街もしくはコマルの街と言う意味で、ナワトル語のコマリ(平らで薄く円形の什器)に由来する。ぜひコマルで調理されたボタナ(つまみ)、タテマード(焼き物)を食べておこう。

 

コリマ火山を制覇しよう


ボルカン・デ・フエゴ火山写真



エル・ボルカン・デ・フエゴ(火の火山)は現在活動しているものの一つで、グアダラハラとコリマの中間に位置する。この熱い巨人に昇ればその強さを目の当たりにするだろう。 



40分ほど歩く間、熱い空気があっという間に山林の寒さに変わり、その違いを経験できる。



この地が提供してくれるハードなスポーツを体験しよう。木々の枝の間を飛ぶジップスライダーをしたり馬に乗ってトレッキングすることもできる。プロのギアに頼んで歩いて標高3,860mを歩いて登ることも。噴火口からの景色に感嘆し、火山地帯を足で感じよう。



いくつかの場所では軽食を取ったり他の旅行者とおしゃべりをしたり、この忘れられない経験の印象を意見交換するひと時をイスとテーブルがあるキャンプ場で楽しむこともできる。

 

サクアルパンの泉で潜る


サクアルパンの泉写真



サクアルパンはコマラ自治区にある集落の一つ。セロ・グランデの麓にあり、ボルカン・デ・フエゴ火山からの砂と岩の堆積により囲まれている場所だ。生い茂ったスギ科の木々(オアハカのトゥーレの木と同じ木)や葉の間からサクアルパンの目と呼ばれる泉が見える。



この澄んだ水の中に飛び込むとカラフルな魚が足をくすぐる。地熱で温泉のように心地いい温度だ。水を飲んでリフレッシュしよう。サクアルパンの目の周りを歩いたり、マウンテンバイクを操って入り組んだ小道を駆け抜けよう。馬に乗って小道を登り、セロ・グランデの景色と緑、エキゾチックな鳥を見て楽しもう。



アルメリア川周辺で1日を過ごすなら手長エビの漁を見るといい。断崖の高さを見ればきっと驚くはず。



サクアルパンの一日を楽しんだら、地元の人と会話をしてその集落の歴史を聞くといい。民芸品の工房を訪れれば見事な刺繍を見ることもできる。

 

コマラのイベント


最も重要なコマラの祭りは12月12日 聖母グアダルーペの日だ。プロセシオン(宗教上の行列)と闘牛、ロデオ、闘鶏が開催される。また、寓意的な車の行列や花火も盛られる。コマラの祭りでは女性がコリマ先住民の伝統衣装を身に着けるのが慣習だ。またそれはロデオやその地域の最も美しい馬を選考するイベント、ラ・カハで行われる5月15日”カバージョス・エン・ペロ”という馬のレース等のイベントでは祭りを構成する一部となっている。その他大事な祭りとしては2月2日にスチトランで行われる聖サンチアゴの祭りカンデラリアと1月25日のサクアルパの祭りがある。

 

コマラの他の見どころ


エル・チャナル:遺跡



サン・ガブリエル:洞窟



カリサリージョ湖:美しい山と田舎風の景観の中に位置するこの湖では、湖の周りを散策するために馬をレンタルすることができ、オオクチバスを釣ったりキャンプをすることもできる。ロケーションはコマラから北へ18kmで、レストラン、食堂、ホテルと24時間警備がついている。



ラ・マリーナ湖:この湖ではボートと魚釣りが楽しめる。牧場と食堂、それにキャンプの設備、レストランと警備の施設がある。コマラから北へ22kmほどの場所だ。



エル・レマテ:断崖エル・レマテの川から注がれるコリマの第一水力発電があるため池。ボートで周囲の山々の景色を見ることができ、キャンプもできる。コマラの北西14kmに位置し、レストラン、食堂、技術博物館があり、エル・レマテの旧式の水力発電について知ることができる。



スチトラン:この小さな地域でもっとも興味深いいくつかの民芸品に出会うことができ、竹やヨシの織物や大小のカゴ、編んだ椅子、世界的にも知名度のある木のお面を見ることができる。コマラから10分ほど行ったところにある。



ネバード・デ・コリマ国定公園:コリマで最も重要な環境保護地域で、オルタナティブ・ツーリズム(サスティナブル・ツーリズム)を体験できる。コマラから北へ20kmのどのところにあり、ハリスコ州のシウダー・デ・グズマンからもアクセスが可能だ。

 

コマラへの行き方


コマラはコリマ州の中心地から州のバイパスを通って8kmほどの場所にある。グアダラハラからコリマまでは日に何本も出ている約3時間半の高速バスが便利だ。



出典、協力:

ビシット・メヒコ(翻訳・加筆)

プエブロス・デ・メヒコ・マヒコス(翻訳・加筆)

 

 






いつも当店ブログをご覧くださって、どうもありがとうございます。ショップへはこちらからどうぞ。
https://mexicoya.shop-pro.jp/


ランキングに参加しています。応援どうもありがとうございます。
facebook_logo.jpgにほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ人気ブログランキングへ FC2 Blog Ranking





関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment